So-net無料ブログ作成
検索選択

サンローランの421572を比較してみました [モノ]

DSC09189.JPG

さて、ラファエロネットワークから買ったスニーカーが届きました。
(書いたときには届いていましたが。笑)

こちらは421572。
実は、パリで買ったものも421572。

ただし、その先が違うんです。

DSC09204.JPG

ラファエロネットワークのは、CN5F0

DSC09203.JPG

パリで買ったものはD2640

実はYSL.comに載っているのもCN5F0のほうなんです。

シールをみてもらうとわかるとわかると思いますが、実は色が違います。

旧タイプはオフホワイト。
新タイプはOPTI W。つまりオプティックホワイトです。
新タイプD2640のほうが真っ白なんですね。

DSC09190.JPG

スターのパッチもピカピカ度があがりました。
そして、側面がベージュだったものが、側面にもシルバーが塗られています。


DSC09191.JPG

旧タイプはドット穴でラインが作られていました。

DSC09192.JPG

新モデルではステッチになっています。


ヒールの刻印は少しシャープさがなくなりました。

DSC09193.JPG
左がNEW

靴の内側にある文字も

DSC09196.JPG
↑旧モデルは小さい。VUで始まる品番。

DSC09195.JPG
↑新モデルは大きくなりました。DEで始まります。


そして、サイズ問題に直結した原因がこちらにあると思われます。

DSC09197.JPG


インソールが厚くなっている!!
左がNEW、右がOLDです。
だいぶ違います。0.5サイズ違うのはこのせいなんじゃないかと。

ちなみにインソールの裏面の刻印が

DSC09198.JPG

凹から凸に変更になりました。

インソールを外してみると

DSC09199.JPG

ラファエロネットワークで買ったほうがこんな感じです。
内側に★パッチの縫い目も見えていて、ソールもなにやらプリントが。。。

DSC09200.JPG

こちらパリ直営店のもの。
内側に縫い目が見えないように布が貼られ、下地も真っ白。

ここまで見た時に、「すわっ!偽物か!?」と思い、サンローラン直営店にチェックにいきました。笑

CN5F0タイプは同様の作りでした。
靴底も、同じくQUINORGANのプリントがありました。

ちなみにQUINORGANはれっきとしたスペインの工業用接着剤とシューズのソール製造や接着を行うメーカーでした。
サンローランの靴はスペイン製です。

よくある偽物は、中国メーカーのプリントが入ったりしているようです。

とりあえず、ホッ。

あと、予備の紐を入れる袋のプリントがサンローランパリからサンローランだけに変わったようです。

DSC09201.JPG


そして、43.5でも普通の靴の43位だったので、普通に履けることが判明。
ラファエロネットワークで買ったほうを履くことにしました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る