So-net無料ブログ作成

サンローランのデニムの裾を詰めてみた その後 [モノ]

DSC09416.JPG


さてだいぶ以前ですが、昨年10月の頭にサンローランのデニムの裾をダメージ加工屋さんで詰めてみました。
記事はこちら

で、25日ごろ出来上がってきたのがこちらです。

ではビフォアアフターでくらべてみましょう。

DSC09388.JPG
DSC09386.JPG

ちなみに、こちらが元のものです。
特徴としては、ダメージ部分が茶色。
あと、ダメージの加減が表面が破れて中から草みたいに繊維が出ている感じです。
(これは再現できないとショップから連絡ありました)

DSC09418.JPG
これが加工済み。
内側は経費節約のため加工していません。見えないし。
なので、綺麗な状態。

比較してみると。

denimuhidari.jpg

denim1.jpg

どちらかわかりますか?

見た目の下(デニムの上に乗せてあるほう)が元のもの。
見た目の上(下に敷かれたデニム。ややこしい・・・)が新しく加工したものです。

なかなかの仕上がり。

さて、下面のダメージはというと

DSC09430.JPG

DSC09429.JPG

見た目の下(折り返してないほう)が元のもの、見た目の上(折り返してきているほう)が加工済みです。

元のデザインの通り控えめな破れです。
中が茶色にならないのが残念。
これはオリジナルは着色なのではないかな、と。

お店の人が、「元のものより派手にしたほうが、ダメージ感が出ますよ」と言ってましたが、まぁ、きっとそうなんでしょうね。
せっかくお金払うんだからもう少しダメージ合ってもいいかも!?
とはいえ、コンセプト通りなので、これはこれで満足です。

5000円ちょとかかりますが、サンローランのデニムは7万円くらいシしますので、まぁ許容範囲か。。。
切っただけの裾だと、切った感が出て、ちょっとなんですよね。
ダメージ無しならもう少し安くできるので、オススメです。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る