So-net無料ブログ作成
検索選択
ハワイ旅行 ブログトップ

ハワイ旅行記 ~ノースショア編 後編~ [ハワイ旅行]

DSC06370.JPG

大分、間があいてしまいました・・・
カフクエビといえば、ガイドブックでもおなじみRomy'sです。
時間は13時半を過ぎていましたが、お店の前には数人の列ができていました。
ここで海老釣りに挑戦しました。
お客は僕らだけ。。。
バスのツアーが来ないと、あまり釣りする人は来ないようです。みな、フツーにランチだけしている様子。
釣りのほうは、ランチプレートがついて35ドルだったかな。。。
うちの奥さんは日陰に撤退、子どもと一緒にすればいいので、1人だけ払って釣りをしました。
DSC06376.JPG
車道に向かって右がエビが沢山いる池、左は少ないけど大物がいる池、だそうです。
最初は右の池でチャレンジ。餌はおじさんがつけてくれます。(日本語OK、っていうか日本人です。沖縄出身だそうで)
餌をいれるとすぐにウキが反応。
しかし、あわててはいけません。そのままじーーーっと30秒ほど待つというヒラメ釣りのような釣り。
最初はエビがツメで餌を挟んで安全な場所まで移動してから口にいれるそうです。
ちなみに、餌はおじさんがランチの残りの鳥の皮で釣ったエビ!!エビでエビを釣るわけですね。
右の池はあたりがガンガンきますが、逃げられてしまったり、目の前で落ちたりとかなり難しいんです。
釣りをしたことがある人だと、ついつい“合わせ”を入れてしまい逃げられます。
そーーーっとペースを変えずにあげてやらないとダメだそうです。
女性や子供のほうが上手だとか。
子供にバトンタッチしたら、さっそく釣っていました・・・悔しい・・・6歳の娘に釣りで負けです。
DSC06393.JPG
結局自分では1匹しか連れず、子供は3匹釣っていました。
左の大物池でも挑戦しましたが、結構デカイやつを直前で逃がしてしまいました。いやー難しい。
でも、ここのおじさん、とっても優しくて、自分の竿を出してあたりがあったら子供に変わってくれたりしました。
そのうち見ていた奥さんも参加して、1人分の料金で3人釣ってたりしました。
合計1時間以上釣りしてましたかねー
飽きてきたので、2匹を塩焼きにしてもらって、後はランチをいただきました。
正直、水が濁っていて、う~んって思っていたのですが、エビは全く臭みがなくてメチャウマでしたよ。
水が濁っているのは、鳥に海老を食べられないようにするためらしいです。
最後のほうに、もう1組日本人のカップルが参加しましたが、やはり彼女ばっかり連れまくっていました!笑
いやー、でも、面白いので是非トライしてみてください。

さてさて、15時過ぎて来たのでワイキキに戻ることに。
帰り道は、これまたお土産の定番、サーフ&シーに寄り道。
DSC06404.JPG
サーファークロッシングのTシャツとゴルフ用タオルを買いました。

さらにもう少し戻ると、ノースショアに来たら忘れてはいけない「シェイブアイス」を。
当然、目当てはMATSUMOTO SHAVE ICE。
DSC06406.JPG
お店の前は長蛇の列ですよ。。。すぐかなーと思って並んだのですが、結局30分以上待ちました。。。
隣のお店は全然混んでないのですが、MATSUMOTOだけは大行列。
僕らが並んだ時は日本人ゼロでした。みな欧米人です。
15種類くらいあるシロップとあずき、コンデンスミルクの有無、アイスクリームの有無(中に入れます)を選択して、コーン型のカップにアイスのように盛り付けるのがスタイルです。
DSC06408.JPG
値段は3ドル位だったでしょうか、、、
食べている時に氷がこぼれないようにホルダーを50セントで付けてくれます。
DSC06411.JPG
これ、なかなかGOODですよ~
日本でも、かき氷って山盛りもられると上からボロボロ落っこちてきますが、このホルダーを着ければこぼれません。
捨てずにスーツケースに詰め込んで、日本に持って帰ってきました。
お味のほうは、まぁ、たかがかき氷。。。それほど大差はない気がします。
ただ、日本でも店によっては氷の粒が大きかったりしてガリガリするところがありますが、ここの氷はかなり細かくて口当たりはGOODでした。

帰り道は、何となく”勘”で戻れます。ただ、帰りはちょっと渋滞しているます。5時にMATSUMOTOを出て、18時半から予約していたアランウォンにギリギリ間に合ったという感じでした。

ハワイ旅行記 ~ノースショア編 前編~ [ハワイ旅行]

DSC06364.JPG

今回、4回目のハワイにして、はじめてノースショアまで行ってきました。
今まで、レンタカーは借りてたのですが、なんか面倒で(っていうか、ワイキキでの買い物に忙しくて?)一度も行ったことがなかったんです。
計画は、「ドールプランテーションによって、ラニケアビーチで海ガメを見て、カフクで海老を釣って、ランチをして帰ってくる」という、オプションツアーをパチッたような内容です。ラニケアビーチは、ほぼ100%海ガメを見られるというビーチ。午前中近くを泳いでいた亀が午後に甲羅干しに上がってくるとか。
なので、ワイキキを10時ごろ出発です。
H1に乗って、途中からH2、カメハメHWでひたすら北に向います。
この高速、途中から舗装も悪くて、いつのまにか一般道に変貌します。笑
田舎街を走っていると右側に、ドールプランテーションが!
DSC06330.JPG
ガイドブックでは何度も見ましたが、行く気がとてもしませんでした。まぁ、通り道なので、定番のパイナップルソフトクリームでも食べるべ!ってことで、寄り道です。
日本人観光客ばっかりか?と思ったのですが、意外と日本人率は10%もないくらい。白人のおのぼりさんが沢山でした。
ここは、デルモンテ社のパイナップル工場だったのですが、デルモンテがパイナップル事業から撤退。いまは観光施設として残っているようです。
パイナップルって、植えてから収穫するまで18か月とかかかるらしく、人件費も上がったのでやめたとか。
みな、迷路とか、汽車に乗っていました。
DSC06333.JPG
とりあえず、ソフトクリームを食べて、出発です。(ちなみにソフトクリームは長蛇の列です。10分は並びます。)

今回、ガイドブックすらもっていかなかったので、地図と現地のフリーペーパーを頼りにツアー結構しました。
フリーペーパーの地図を見ると(ガイドブックも変わらないと思いますが)、ひたすら1本道に書いてあるんですが、微妙に2~3か所曲がるんですね。これが。
なんとなく、前の車についていくと、どうやら無事にハレイワタウンにたどり着きました。
ここを過ぎて、右手に牧場が見えたら、その先の左が目指すラニケアビーチです。
DSC06343.JPG
↑こんな風景が見えたらそこです。
牧場を過ぎると、すぐ右手に駐車スペースが2か所あります。
手前に止めると、結構あるくので、先のほうがお勧め。
注射したら、車に注意しながら(意外と交通量多し)、反対側車線に渡ると、海岸に降りれます。
ビーチといっても、まー、狭いですよ。5家族位でいっぱいになりそうな感じです。
ここは、岩場と砂浜があるのですが、手前(ハレイワ側)は海藻がびっしり岸際に生えていて、おおお亀がいるじゃないですか。
その海藻を一生懸命食べています。
DSC06351.JPG
そこでしばらく見ていたのですが、さらに先に進むと砂浜。
カメが上がってきていました。ここで甲羅干しをして寄生虫を殺すのだとか。
ビーチにはボランティアの人がいて、カメの周りを赤いロープで囲って、そこから先は近づかないように注意しています。
DSC06360.JPG
この海岸、すぐ先には海ガメが何匹も泳いでいます。もちろん遊泳禁止ではないので、数組の家族が海水浴しています。
海ガメはその間をすいすい泳いだりしてるんですね。
しかし、泳いでいるところを触ったりしてはNGです。子供が触ろうとしたら、このボランティアの人に怒られていました。。。
こんな近くで天然の海ガメを見られるのはびっくりですよ~
行く価値は大です。

さてカメが終わったら、次に目指すのは海老です。海老。
しかし、ガイドブックがないから場所もわからない。。。とりあえず、ひたすら進みます。
タートルベイリゾートを過ぎて、アーノルドパーマーだったかな?ゴルフ場を過ぎると左手に↓な看板が!
DSC06371.JPG
有名なロミーズを発見です。
ここで目指す海老釣りとランチに突中。すでに13時過ぎていました。

つづく

ハワイ旅行記 ~お買い物編 オールデン~ [ハワイ旅行]

plst1.jpg

やっぱり、ハワイといえばお買い物です!
女性だけじゃなく男性にとっても買い物天国。特に6月中旬から徐々に始まるセールは、7月4日の独立記念日前後5日間のインでペン電スセールでピークを迎えます。7月6日に一度元のセール価格に戻りますが、そこからまた7月中旬以降になると最終処分セールです。
まー、しかし、ハワイも何度も来ると、そんなに買うものが沢山あるわけじゃーないんですね。。。
アラモアナSCも、ワードSCもイマイチ燃えるものがなく、サクッと3時間ほどで一回りしておしまいでした。
お約束のDFSへ。ヒルトンにもあるのに、そちらは行かずにワイキキのDFSに。ここは実はビル内に駐車場があって、タダで駐車できるんですね~。当然ガードマンが出入りの車のナンバーを控えてチェックしていますが、2~3時間なら何も言われません。
ここに駐車して、DFSをみつつ、ロイヤルハワイアンCS(ここも駐車場ありますが、お買い物しないと有料)や近所のブランド店をブラブラできます。
ワイキキ周辺は、本当に駐車場が困ります。コインパーキングはあるのですが、いつもいっぱい。
初日の夜に、HOKUワイヤレスにTモバイルのプリペイドSIMを買いに行ったときも、車が駐車できなくて、結局、わき道に路上駐車してダッシュ!しました。
すぐに駐禁とられるので、気が気じゃーないですよ。。。
ハワイも、昨年はGMS携帯のプリペイドSIMが全然売ってなくて、やっと見つけてもAT&Tの75ドルと高かったので、MVNOで展開しているBOOST MOBILEをウォルマートで購入したのですが、今年はHOKUワイヤレス(DFSの裏のほうKUHIO通り沿いにあります)で$30(10ドル通話付)を2枚購入。
GMSのSIMアンロック携帯をもっているので、すぐに現地番号で使えるようになります。そしてTモバイル同士の通話は無料。
夫婦で買い物する店は当然分かれますので、連絡用には必須アイテムです。
さて、話しはそれましたが、DFS。
3Fだけが免税フロアです。一部のブランド商品が販売されています。
2Fから下は、実は免税店でもなんでもないんですね。他のハワイの店よりも高ければ、さらに10%ディスカウトしますというビックカメラ式を採用したディスカウトストアという感じ。
以前は化粧品の州税はDFSが負担していたのですが、今はお客が払います。
(空港内の免税店もDFSなのですが、ここも化粧品は州税とられます)
DFSワイキキ店は、1Fに水槽があったのですが、なんと1~2F全面改装中でした。
さてさて、DFSもセール最終段階。春夏シーズンモデルが50%OFFで展開中です。
そこで見たのが、これ・・・
ralph.jpg
4月にBeginに掲載され、ここでも紹介したカットソージャケット。
これ、定価$285(この段階で日本より1万円安い)。これが50%OFFです。。。
ガーン、、、、、、、

DSC06323.JPG

さて、気を取り直して、向かいのロイヤルハワイアンSCへ。
お目当ては、もちろんオールデン<ALDEN>です!
アメリカにきたら、オールデンを買え!っていうくらい(いわないですが)、安いです。
ここロイヤルハワイアン(RHSC)には、ハワイでオールデンを扱う「レザーソール」が入りました。
以前は、ヴィトンの角を曲がったLewersストリート沿いの怪しいマンションの1室(+ダウンタウンのほうにもう1店舗)だったのですが、
今はこのRHSCの1店舗のみの展開です。
ここは、オールデン、エドワードグリーン、パラブーツ(今年から)を扱っています。
エドワードグリーンなんて当然買えません(ハワイでも1000ドル以上)ので、狙いはオールデン1本。
ま、元々アメリカの靴なので、アメリカが安くて当たり前です。
日本の約半額で買えてしまいます。
ま、日本は政治的都合で革靴の関税も高いし、ラコタ1社が牛耳っているのでどーーーしても値段は高くなりますね。

レザーソールの魅力は、通常品も安いのですが、常時セール品があること。オールデンはカーフしかありませんが、型落ちのものが$100引き~半額で売られています。
昨年はインディーブーツのコードヴァンを購入しましたが、今年はビジネスシューズを!ってことで、最初は一番最初の写真の靴を購入したんですね。$560+TAX。
これは、レザーソール別注モデルで、PLAZAラストの内羽ストレートチップ、ブラックシェルコードバン。
カッコイイです。はい。
店員のマットと色々相談して(日本語はほんのちょっと話せます。気さくでとってもいい人)、上記シューズを選んだわけですが、翌日もう1足買っとこうかなってことで、再訪。
DSC06462.JPGDSC06464.JPG
セール品で$395→$295になっていたペニーローファー(コインローファー)のカーフを購入です。
この日の店員さんは、昨年いたKAIさんの後任で入ったタクヤさん。KAIさんは英語で話しかけると英語しか話さなかったですが、タクヤさは日本語ぺらぺらっていうか日本人です。
オールデンにも当然詳しいし、とても親切です。
ちなみにオーナーのTOMもいい人なんですよ。メールしたらすぐ返事くれるし。
このローファーもラストはPLAZA。通常、ローファーといえばVANラストですが、これはPLAZAってところがいいんですねー

最近のレザーソール別注はPLAZAラストが多いとか。
PLAZAラストは、全然オールデンらしくないスクエアトゥになったモデル。ちょっと縦長です。
かつ、意外と土踏まずのところはホールドされて、履き心地はちょっとモディファイドラストに似ています。
モディファイドラストは、パリのアナトミカ以外はほぼ日本代理店のラコタ専売モデルとなっていて、アメリカ国内では販売していないんですね。レザーソールもオールデンに何度掛け合っても、売らせてもらえないそうです。
ま、アメリカではモディファイドラストは矯正靴なので、フツーは売れないマイナーなラストなんですが。。。
10年前にニューヨークで買ったマイ・ファースト・オールデンUチップもAberdeenラストでした。
これとHamptonラストがアメリカのスタンダードオールデンでしょうかね。

DSC06465.JPGDSC06466.JPG
まー結局オールデンは2足買ったわけですよ。
でも、ですね。よーく考えたら、ブラックシェルコードヴァンって、あまりコードヴァンらしくないじゃないですか。
コードヴァンなんて雨の日履けないし、ビジネスシューズならカーフで十分でしょ、って思っちゃったんですね。
どうせコードヴァン買うなら、やっぱバーガンディだよね!ってことで、マットに電話して、最終日に交換してもらいに行ったわけです。
本当は、内羽式のストレートチップが良くて、9015というHamptonラストのモデルが良かったのですが、サイズがない。
結局、写真の外羽 ストレートチップ コードヴァン(Aberdeenラスト)に交換してもらいました。
来年は、ブラックシェルコードヴァンでも買ってみようかな、と思ってます。

レザーソールは店員さんいい人ばっかだし、安いし、サイズオーダー(4~6ヶ月待ち)も可能だし、日本にも送ってくれます(送料は1箱$50くらい)。毎日22時まで営業してます。
オールデン、とにかく安いので、ハワイに行ったら絶対買うしかないですよ!

オールデンだけで既に900ドルを超え、ゴルフ道具も買ったらもはや買うものはありません。
今回のハワイでのお買い物は、こんな感じでした。

ノースショア編につづく

ハワイ旅行記 ~ゴルフショップ編~ [ハワイ旅行]

DSC06265.JPG

さて、今回の旅行の最大の楽しみは、ゴルフショップめぐりです!
めぐりっていうほどお店はないんですけどね・・・

ハワイでゴルフクラブをそれなりに取り扱っているのは、現地日本人御用達のご存じ「GOLF PRO AM SHOP」
アラモアナショッピングセンターとワードショッピングセンターの間にあります。
Kapiolani通り沿い。ワイキキ方面からだと、進行車線と反対側で、駐車場があってちょっと奥まっているので要注意。Pensacora通りとの交差点を過ぎてすぐ左手です。
道路がすいていれば、強引に左折でお店に入れますが、Uターンして反対車線から右折進入がお勧めです。
隣は洗車場です。

ここは、日本人のMIZOTAさんと吉村さんがいるので、日本語もOKです。
事前に日本からメールやFAX(できればFAXがいいと)で在庫確認や取り寄せをして置いてもらうこともできます。
値段も安いですよ~
ここは、スコッティキャメロン氏も贔屓にしていて、ソニーオープンの時には必ず立ち寄るのだとか。
キャメロングッズも時期によっては沢山揃っていて、1月に来ればキャメロン氏のサイン入りキャップなども売っています。
ちなみに、今回は残ってなかったです・・・
DSC06467.JPG
今回は、キャメロンの大人気商品「スタジオセレクト」のNewPort2、35インチを購入。MidSlantを使っていますが、ノーマルなNP2も抑えておこうかな、と。
お値段は、なんと280ドル!税金が4.7%ちょっとかかって294ドル弱でしたが、日本に比べると爆安です!
ちなみに、機内には持ち込めないので、箱に入れてもらいました。
テーラーメイドのツアーバーナーのFWとハイブリットも入荷していましたが、今回はシャフトスペックがイマイチだったのでパスです。
ハイローンチとツアーローンチという分け方だったのですが、ツアーローンチでもシャフトが70gと軽くて、ドライバーが75gなのにFWが70gはちょっとないですね。せめて前回モデル同様75gにして欲しかったです。
それから、今回GETしたのはこちら
DSC06469.JPG
米ツアーで大人気、ミケルソンも使っているライフル Project-Xです。
先日、カラーリングがサテンからクロームに変更になり、ここProAmショップには旧モデルの在庫処分品が5.5と6.0のみあるとのこと。
1本24ドル!!破格です。
6.0を購入しました。
ピッカピカの新カラーより、このサテンのほうがツアーでも人気高いので、逆にラッキーです。
ついでにグリップも購入。定番のゴルフプライド社のツアーベルベットラバー。1本4ドルです。(5ドルのところ4ドルにおまけしてくれました)
4ドルですよ、、、日本のショップだと980円~1260円しますからね。
ちなみに、ゴルフプライド社のロゴのものと、テーラーメイドバージョン、キャロウェイのHEX模様バージョンが店頭在庫で$5で販売していました。
日本に帰って早速リシャフトしましたよ。(詳細は追って)

DSC06264.JPG
さてさて、もう1軒、昨年までは「NEVADA GOLF」というお店がありましたが、ここは「Worldwide Golf Shops」に買収されて米ゴルフチェーン店「ROGER DUNN GOLF SHOP」に変わりました。
オアフでは3店舗あります。
とりあえず、初日のワイケレ帰りにパールシティーのお店を勘を頼りに訪問です。

DSC06266.JPG
店内はこんな感じ

カメハメハHWを適当に曲がって、映画館のあるショッピングモールに入ったら、ほぼ偶然発見しました。笑
「PEARL HIGHLANDS CENTER」というショッピングモールにあります。日本人旅行者はほぼゼロっていう穴場ですね。
ガイドブックにも載っていません。他にRoss Dress for You、PUMA、CompUS、Walma-rt、ペットショップなどがあります。
Roger DunnもRoss Dressもそうなのですが、ワイキキ近くのお店よりも商品が揃っています。

DSC06300.JPG
さて、もう1軒のRoger Dunnは旅行者の人もよく知っている?ワイキキ・Kapiolani店
ProAmショップのすぐ近くにあります。ワイキキ方面からは、Kapiolani通りをワード方面に走ると右側です。アラモアナSCのちょうど真後ろ位の位置ですね。
一度お店を過ぎてから、駐車場に入ります。入口でチケットを取ったら、お店のレジでハンコを押してもらうと、出口で無料で出ることができます。
こちらは、広さ的にはパールシティ店よりちょっと小さい位でしょうか。
DSC06302.JPGDSC06303.JPG

どちらの店舗にも共通するのは、試打室(といっても日本のSHOPのようにベクター君とかサイエンスアイはありません)とパターコーナーがあります。
そして、びっくりなのが、商品は全て店頭に出していて、どれでも試打ができるのです。
クラブについてちょっと質問すると、きさくに「おいで、試してごらんよ」と試打室で打たせてくれます。
一応、保護テープは張りますが、商品によってはシュリンクがはがれてしまっているものも・・・
それから、新品に交じって中古クラブがフツーに置いてあります。
ツアーバーナーFWやスタジオセレクトパターもSecondHandがあります。
どうも、合わなかったら引き取って、ちょっと値段を下げて売っているようですね。安くといっても20~40ドル位です。
今回狙っていたADAMSのIdea Pro Goldを試打させてもらいました。が、お目当てのMatrix Ozikシャフトはオーダーとのことで、あきらめました。
スパイダーのセンターシャフトも若干在庫があり、199ドル。
後は、テーラーメイドの2008 TP_MB Smoke Iron Forged Ironsが990ドル位でありました。チャコールミストのような色合いのマッスルバックTPアイアンです。確か限定モデルだったはず。
もちろん、数回打たれた形跡が・・・ありえません。


あとは、数か所あるスポーツオーソリティとロイヤルハワイアンSCのゴルフショップくらいですが、スポーツオーソリティのほうはあまり充実していなくて、ナイキとアンダーアーマー(シューズまで出てます)のウエアが充実しているくらい。
ロイヤルハワイアンは、ちょっと高級路線です。クラブよりもウエアや小物が充実です。
PUMAやJ・リンドバーグのウエア、それからスコッティキャメロンのプレミアムモデルが置いています。
ここも、お店の主人がいると、1~2割値引きしてくれます。

さて、ハワイのゴルフショップ、総じて言えることは、まずアイアンは日本のようなプロモデルはほとんど店頭在庫にないってことですね。
あってもタイトリストくらい。
ドライバーもハードスペックはあまりありません。
現地の人はフォージドアイアンはほとんど買わないそうですね。日本人みたいに、アベレージゴルファーがフォージドを買うなんてことはなく、みなキャビティ。
アイアンセットで$1000なんてとんでもないってことのようです。
まぁ、ドライバーもアメリカで一番売れ筋は$399までっていう話ですしね。
テーラーメイドのCGB MAX Limitedも、キャロウェイのi-Mixも全然売れてないですしねー
i-Mixも大幅値下げで$199~$299になっていました。

ボールの価格は日本より若干安いくらいでしょうか。
これも、基本的に現地のアメリカ人は20ドル前後のボールがほとんどのようですね。
キャロウェイのiやiXは45ドル、テーラーメイドのTPボールも39ドル、プロV1は44ドルでした。
プロV1はX-OUtが22ドル、プラクティスが26ドルでした。
普段のラウンドではこちらで十分です。この値段で性能一緒ですからね。
日本ではプラクティスで4500円前後するのでお買い得です。
ちなみに、X-OUTは印字ミスだったり汚れや、稀にボールのパフォーマンスに影響を及ぼさない程度に傷がついている規格外品。プラクティスは、最終チェックでの印字ミスやコーティングミスといった外見上だけの規格外品とのこと。
プラクティスボールは、トーナメント会場などで練習レンジで提供されているようです。
どちらも、基本的には市販品と性能差はないってことになっているのですが、「プラクティスボールは市販品よりも飛ぶ」とまことしやかに噂されています。が、単なる噂でしょう。
Pro V1 Practice golf balls do not have any construction or performance deficiencies.
とタイトリストは言っています。
ちなみに、どちらのボールもプレーには問題なく使用でき、「USGA適合ボールリストにあるボールのみ使用可能」というルールでの大会以外では、ハンデキャップ申請やコンペのラウンドで使うことは何ら問題ないとのこと。
プラクティスボールに関しては、「PRACTICE」はミッキーマウスのロゴやプレイヤーの名前と同等で、ルール上のリストされたボールとは何ら違いがないというのがタイトリストの見解のようですね。使いたければ、トーナメントでも使えると。
X-OUTに関しては、トーナメント競技での使用はお勧めはしないとのこと。
2ダース買おうと思ってたのに、シャフト買って、グリップ買ってたら、うっかり買うのを忘れてしましました・・・

あとはキャディバッグがちょっと安いでしょうか。
ほとんど、スタンドバッグかカードバックしか売っていません。日本のようなツアーバッグはあまり見かけません。
アメリカ人は合理主義なので、カートに積むならポケットが一方によっているカードバックが断然便利なので、みな買うのはこのタイプですね。
OGGIOが150ドル前後でした。アンダーアーマーまでキャディバッグ出してるのは驚きでした。

そうそう、靴も買ったんですよ。
eccoのゴルフシューズです。
日本では3万円以上するモデルが、なんと$120!
定価ベースで約半額ですね。
eccoのシューズはお買い得です。

そうそう、いつも買うPUMAなのですが、アメリカはPUMAショップでゴルフ展開やめちゃったのでしょうか?
キャディバッグは飾ってあるのですが、アパレルは1~2種類が他のウエアに混じってあるだけ。
昨年みたいにJリンドバーグとのコラボシューズはおろか、ゴルフシューズなし。
唯一あるのはベルトくらいですね。
6月に日本で買った限定モデルのベルトが、$70で大量に売られていてショックでした。

次はお買いもの編へ

ハワイ旅行記 ~到着 ホテル編~ [ハワイ旅行]

DSC06255.JPG

先週、ハワイに行ってきました。
子連れで3度目のハワイ。毎日朝からプールに付き合わされ、買い物もままならず・・・ですが。
今年は混んでましたね~
飛行機は行きも帰りも満席です。
一番遅い22時発の072便しかとれず、仕方なく20時半ごろからJALのSAKURAラウンジで暇つぶしです。
DSC06252.JPG
昨年新しくなったサクララウンジ、よくランチをするSOUP STOCKが入っていて、結構お腹いっぱい食べられてお得なラウンジです。
元アナウンサーや坂下千里子?もいました。
行先はシドニーとハワイですな。ハワイは同じ飛行機だったそうですね。ホノルル空港で後ろにいました。
うちの奥さんは坂下千里子だ!と言っていましたが、僕は疎くてよくわかりませんでした[がく~(落胆した顔)]
映画会社勤務なのに、それはやばいだろ!っていう感じですが、僕が見たときはすっぴんでデカイサングラスだったのでねぇ。。。

さて、22時のフライト、定刻通りにハワイに到着です。ホノルル空港はちょ~~~混んでます。
入国に指紋と顔写真の登録があるので、余計混雑。
やっと入国審査が終わって、個人用出口からレンタカーを予約しているDollarのカウンターへ。
レンタカー、格安のものはハワイでもありますが、大手で保険もまともにそろっている中では、JALカード会員用料金のダラー現地決済が最安では、と思います。
毎回ここで借りています。
保険がフルカバーで、ガソリン1回満タン込み、1週間270ドル弱です。
ガソリンは、毎回追加で入れないので、ほぼこれだけ。ロードサービスをつけると、1日5ドルプラスです。

レンタカーを借りたら、荷物を積み込んで、まずはワイキキとは反対のワイケレアウトレットにGOです。
午前中にホテルに行ってもチェックインできない(出来ても待つ上に、いい部屋にアップグレードされません)ので、初日にワイケレが鉄則です。早朝到着便の場合は、スタジアムのスワップミートを見てからワイケレです。

DSC06262.JPG
到着したら、ワイケレアウトレットの向いにあるショッピングモールでランチです。なぜかマック。。。
サイミンっていうインスタントラーメンがメニューにあります。
ここは他にも、ファミレスや元気寿司などがあり、お店もスポーツオーソリティー、ビッグKマート、スタバなどあって便利です。
買い物後に、ホテルに向かう前にビッグKマートでお水などを買い込むと便利。

さて、今回はワイケレからの帰り道、パールシティーに寄り道しました。お目当ては、ROGER DUNNというゴルフチェーン店。
ナビは高いから借りてないので、地図をもって、勘で走りますが、まーなんとかなるもんです。
地図ではわからなかったのですが、パールハイランズセンターというショッピングモールの中にありました。
ROSSドレスやPUMA、ウォルマートなんかも入っています。

ゴルフショップを堪能したら、ホテルへ。
ホテルは3年前にも滞在したヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ。
昨年は”ロイヤルハワイアン”と、新しくできたばかりのビーチウォークにある”エンバシースイーツ(ヒルトン系列)”に泊まったのですが、今年はロイヤルハワイアンが改装中。
アメリカンエクスプレスのファインホテルズ&リゾートという契約レートでALI'Iタワーを取りました。
ヒルトンHVの中でも、特別に専用チェックインカウンターや専用プールがあるタワー。アリイタワーは王様のタワーという意味だとか。
当然、一番安い部屋で予約です。1泊コンチネンタルブレックファスト付きで260ドルだったかな。滞在中、ランチ1回無料チケットも付いています。あと、お部屋のアップグレード。
ここは、ロイヤルハワイアンやエンバシーの豪華な朝食と違って、パンとフルーツとヨーグルトしかないんですよね~
2Fの専用プールのプールサイドで朝食です。
お部屋はパーシャルオーシャンビューにアップグレードしてもらいました。低層階ですが、あまり部屋にはいないので関係ありません。
部屋には空っぽの冷蔵庫もあって、ミネラルウォーターなど入れておけるので便利です。
一日3回ベッドメイクがあるらしいですが、最近は2回になったのでは?と思います。
夕方は、ターンダウンを頼まなくてもやってくれるし、氷もビニールに入れてアイスボックスに入れておいてくれます。

アリイタワーの前には、ペンギンを飼っています。1日2回ペンギン餌付けタイムがあって、飼育員がペンギンの生態などを説明して餌付けします。
DSC06320.JPG
こんな近くでペンギンが見れるので子供は大喜びです。
ちなみに、全部で8匹。オス2匹、メス6匹のハーレム状態です。(飼育員はこういう寒いギャグを随所に挟んで説明してくれます)
1匹だけイカロス(写真のペンギン)だけ人になれているらしく、彼だけ飼育員が呼ぶと近づいてきます。
この日は見てるだけでしたが、状況次第で見学者が餌をあげられる時もあるようです。
ちなみに、このペンギンは南極に住む皇帝ペンギンやイワトビペンギンなどと違い、アフリカ・ブラックフット・ペンギンという暑いところに住むペンギン。いわゆるケープペンギンですね。上野動物園でもおなじみです。
ジャッカスペンギンともいいます。JACK ASSですね。この説明でも当然ギャグを飛ばしますよ、説明員は。
ちなみに、コカコーラのCMやソニーハンディカムのCMで、白クマとペンギンが一緒にいるシーンが有名ですが、白クマは北極、ペンギンは南極なので一緒にいるシーンは自然界ではありえません。
ヒルトンでは、先日マナという赤ちゃんペンギンが生まれたそうで(4番目だとか)、ホテルのレストランでメインディッシュを5品頼むとマナのぬいぐるみがもらえるスタンプラリーキャンペーンを開催中です。

ハワイのホテルっていうか、ワイキキ周辺全体で言えることは駐車場難ってことですね。
ヒルトンも、バレーパーキングが1日29ドル。これに持ってきてもらう時に一応1ドル上げるので結構お金かかります。
米投資ファンドのブラックストーンに買収されてから、駐車場代が値上げになりました。従業員もバッサバッサと首切りにあってるそうですよ。
ヒルトンは、ワイキキでのお買い物にはとっても不便です。歩けないことはないです。あと、アラモアナショッピングセンターは意外と近いですね。徒歩10分です。
ヴィトンもDFSも敷地内にあるし、レストランも子供が喜ぶビュッフェ、ステーキやバリ・バイ・ザ・シーもあるので、ホテルから出ないで過ごしたい人にはいいですね。
動物も多いし。
プールも5つあるし、ビーチもほぼプライベート。
ちなみに、新しくなったラグーンは、水深最大1.5mですが、水は汚いし、ところどころ底がぬるぬるしてるので泳ぐのはちょっと・・・ですね。
ボートとか、水上自転車を借りるにはいいですが。

外出てお買いものしたい!派にはイマイチです。
ま、安かったらいいかな。
ちなみに、今回はバレーパーキングとインターネット接続2日、プールサイドの飲み食い、夜飯1回などと税金入れて5泊で約2000ドルでした。(朝食5回とランチ1回無料)

そうそう、ホノルルのいたるところで、ヒルトンバケーションなんとかっていう、リゾート会員の勧誘を受けます。
当然宿泊者にも、お部屋に置いてありますね。
説明会に参加すると100ドルのチケットプレゼントってやつです。(アリイタワーの宿泊者は150ドルとか200ドルのお誘いが来ます)
でも、360万円位するんですよね。年会費が別途5万円くらいだったかな。
一度も参加したことないですが、、、
日本人率7割近いそうです。
買うならビーチウォークのアウトリガーのほうがいいかな、と個人的には思います。

つづく

ハワイ旅行 ~エンバシースイーツ  ワイキキ・ビーチウォーク~ [ハワイ旅行]

ワイキキ後半3泊は、話題の再開発地区”ビーチウォーク”に新しくできたばかりのヒルトン系列ホテル「エンバシースイーツワイキキビーチウォーク」に滞在。
こちらはほとんど情報がなく、またアメックスも提携料金がないとのことなので、通常のエージェントレートで予約をしました。
1ベッドルームで、1泊290ドル程度。これにパーキングはバレーパーキングオンリーで、1日25ドルです。
ここは、全421室スイートということで、ベッドルームとリビングルームという構成。これにウェットバー(電子レンジと水道設備)が付いています。
場所的にはハレクラニとアウトリガーリーフの前にあり、メインエントラスがあるビーチウォークとルワーズ通りに面しています。広さは50㎡くらいでしょうか。
目の前には、トランプ・インターナショナルのタワーが建設中です。

ワイキキ・ビーチ・ウォークは、カラカウア・アベニューからワイキキビーチに至る、ビーチ・ウォークとルーワーズ・ストリートに囲まれた3万2000㎡の敷地のこと。
アウトリガー・エンタープライズ・グループが総工費5億3000万ドル(約610億円)を投じた巨大再開発プロジェクトで、ショップとレストラン、エンターテイメント施設をはじめ、ホテル、タイムシェア用施設、住居用の豪華コンドミニアムから成る複合施設になる予定です。
ロイヤルハワイアンショッピングセンターやDFSにも近くて立地はOK。
カラカウアAveまでは、お店が連なるショッピングゾーンを歩いて出れるので、退屈しません。
今回は、まだまだ工事中が多く、お店は全部オープンしていませんでした。(ガイドブックでオープンしたことになっていたロイズもまだオープン前でした)

チェックインすると、よく言えば開放的、、、なロビーでチェックイン。ソファーでウェルカムドリンクを飲みながらチェックインできます。
一応、エレベーターは部屋のキーを入れないと作動しないようになっています。

エンバシースイーツは2つのホテルを1個に合体して作ったホテル。このため、客室は2つの棟に分かれています。今回宿泊したのは海側の棟。
ベッドルームとリビングルームが分かれているので、子連れにはとても便利です。

↓こんな感じです。

朝食は、4Fで朝10時までビュッフェスタイルが無料で楽しめます。部屋への持ち帰りもOK。
料理のボリュームはまずまずです。ここでも卵料理はオーダーすると目の前で作ってくれます。
ただ、全室スイートという割りには、学食のような雰囲気の朝食スペースです。
開放的で、オープンエアの部分もあり、またプールサイドでも食事OKです。ドリンクもドリンクバーがあり無料になっています。

↓こんな感じの朝食エリア

↓食事はこんな感じです。

↓ここがオープンエアスペース

ただ、10時になると、食事をサーブしている部屋のガラス戸が強制的に閉じられてしまいます。これまた時間ぴったり。寝坊すると朝食を食べられません。
一度寝坊して、場所がわからずうろうろしているうちに10時になってしまい、タイムアウト。向かいのデニーズで悲しい朝食になりました。ハワイは食事が高い!朝食セットで3人で4000円ほど掛かりました。。。

↓卵は料理してくれます。時間によっては長蛇の列。

プールは、真ん中のあたりに仕切りがあり、そこが温水のジャグジーになっています。
プールサイドには、バーもあって、気さくなお兄さんがバーテンをやっています。ここで浮き輪とかウェイクボードなんかを貸してくれます。
プールは時間によってはタワーの日陰になってしまいます。日が高いうちは大丈夫みたいです。

↓プールサイド。朝食の時はここでも食事OK。目の前にはタワー建設中

このホテルには、洗濯もできるコインランドリーも付いています。水着とかも洗えるので便利です。利用には25セントが4枚必要なので、両替してもらわないといけません。洗剤の自販機も併設(待ち時間用にビデオゲーム機もあります)
ビジネスセンターやスポーツジムも完備。
部屋ではワイヤレスのインターネットが接続可能です。

ちなみに、このホテル、日本語はまったく通じませんでした。
英語オンリーです。
新しいホテルでツアーも少なく、ガイドブックにもほとんど載っていないことから、日本人はちらほらしかいません。
ホテルは人の出入りが多くて、駐車場は2人が待機するバレーパーキングのみのため、結構待たされることが多いです。
バレーパーキングで悩むのはチップです。1日25ドル払っているので、渡すときはノーチップで、持ってきてもらった時だけ1ドル渡すようにしていました。

↓部屋のバルコニーからの眺め

まぁ、料金もリーズナブルで部屋も広いし場所もいい(ビーチまでは歩いて3分ほど)ので、広々とのんびりすごしたい人にはお勧めです。ホテルとコンドミニアムを足して2で割ったようなホテルです。
ただ、ビーチウォークが本格的に稼動しだすと料金はあがるかな?


ハワイのレンタカー [ハワイ旅行]

レンタカーはいろいろ調べた結果、(VIPなど格安除く)まっとうなレンタカー屋ではダラーレンタカーの「JMB会員限定らくらく現地払い」がもっともお得と判断。
6種類の保険/補償(PP,LDW, SLI, PPP,UMP)込みでフルカバー、州税、車輌税、車輌登録料、空港利用税も含まれます。走行距離は無制限、さらに1回分のガソリン満タン料金も含まれて、現地でカード払い、コンパクト4ドアで$ 297.16。
結局ガソリンは一度も給油することなかったので、支払いはこれだけで済みました。
車はダッジ・キャリバー。家族4人でも十分です。トランクもそれなりに広いし。
あと、子供用(4~7歳)にはハワイの法律でブースターシートが必要(身長が4フィート9インチ(約144.7cm)以上でかつ体重が40ポンド(約20キロ)以上なら不要)ですが、見つからなければ大丈夫です。いらない、というと本人了承でいらないよ、と契約書に記入、サインさせられます。
借りると1日8ドル。7日で56ドル(+税)!ありえません。買ったほうが安いです。っつーことで、ここはいらないことにして、途中のWalmartで購入しました。セールで20ドル。借りる3分の1の価格です。
ちなみに、ブースターシートはアメリカではファミレスなんかでハイチェア(赤ちゃん用椅子)に入らない子供用の椅子としてソファーの上において使うなどで利用されています。ない店もあるので、そのときは自分で車から盛ってくれば子供の食事も楽チンです。とっても便利で日本でも車やレストランで役立つのでもって帰りましょう!カウンターでそのまま預かればビニルに入れてくれます。20ドル、侮れません。

JMBレンタカー予約サービス
http://www.jal.co.jp/rentacar/index_inter.html
保険はもちろん、ガソリン満タン1回分までついて、1週間で300ドル以下!
ちなみに、ホノルル空港では団体用出口で出てレンタカー手続きがお勧めです。個人用出口で出ると、出張所も出ていません。正規のカウンターまでわざわざ歩いていくと「げ!?何こいつ、こっち来てんの?」って顔でむっちゃ態度の悪い日本人のバイトのねーちゃんがいやいや対応してくれます(しかも「げ、現地払いだよ、これめんどくせーんだよ・・・」ってブツブツ言いながら)。


ハワイ旅行 ~”ピンクパレス” ロイヤルハワイアン~ [ハワイ旅行]

2年ぶりに夏休みをとって、ハワイに家族旅行。
前回ホテルはヒルトンハワイアンビレッジのアリィタワーでしたが、今回は散々迷って、3泊ずつ結局2箇所を利用することに。
最初の3泊は、アメックスのファインホテルズ&リゾートプログラムを利用してロイヤルハワイアン(通称”ピンクパレス”を予約。

↓まーホントにピンクですね。

部屋は安い旧館のヒストリカルガーデンビュー 1泊280ドル。これにパーキングが別途。セルフパーキング(1日15ドル)とバレーパーキング(1日25ドル)があり、最初はセルフにしようと思っていましたが、結局その場では面倒なんでバレーパーキングにしちゃいました。
これに、ファインホテルズ&リゾート特典で家族3人(5歳以下無料)の朝食ビュッフェ無料、$100のリクリエーションチケット、お部屋のアップグレード、レイトチェックアウト16時が付いています。


↑散らかってます。きれいな時に撮ればよかった・・・

チェックインすると、一応軽くアップグレードってことで、ヒストリカルの角部屋・天蓋ベッドのロイヤルガーデンビューに。
しかし、古いです。ロイヤルハワイアン。天井付近の壁紙が剥がれかけてるし、全体的にすすぼけた感じ。特にバスルームの古臭さは否めません。シャワーも固定で使いにくい。。。
部屋は30平米ちょっとでしょうか。窓からの眺めは、特に・・・4階なので軽く中庭が見渡せる程度です。
ホテルのロケーションは最高です。ビーチに面しているので、そのまま海!そしてワイキキ中心に位置するのでショッピングも便利です。
工事しているのと、目の前のメインストリートのカラカウアが一方通行なので車はちょっと不便ですが、ほぼメインのショッピングは徒歩でOKです。
ちなみに、車は駐車場がホント少ないのと高いです。頻繁に車で出入りすると、そのたびにバレーパーキングのチップが痛いので、歩けるところは歩きます。
朝食は、ロイヤル・ハワイアン・ビーチクラブのビュッフェ。これが無料なのはデカイです。(確か普通に食べると1人$30ちょっとします。)
料理は結構な種類があります。紅茶、コーヒー、ジュースは無料でテーブルにサーブされます。パンケーキはシェフが焼いていて、その隣ではフレッシュフルーツでスムージーをオーダーブレンドで作ってくれます。
卵料理も、オーダーして目の前で調理してくれます。オムレツは8種類くらいある具材の中から好きなものを選んで頼みます。スクランブル、サニーサイドアップ、ターンオーバーなどもオーダーOKです。

↓ここでオムレツ焼いてます。食事は、ハワイの中ではそこそこ豪華です。4000円も取るんだから当たり前ですが・・・

ビーチサイドは結構埋まってしまうので、早めに行くのがお勧めです。
席は遠慮なくオーダーすべし。


↑こんな眺めで朝食が摂れます。

ただ、ビーチサイドはおこぼれ目当ての鳩が沢山きます。鳩嫌いの方にはお勧めしません。
ビーチにはロープが張ってあって、一応プライベートにしてあります。
ビーチチェアが並んでいるので、プールサイドでタオルを借りて場所をGETします。
海は遠浅です。果てしなく浅い気がして、波をもとめてどんどん沖に出て行くと、突然急深なところがあるので、要注意です。
周りの人が立ってるのに、そこだけ深い!って感じ。
一度、おぼれかけました。笑
子供は浮き輪のほかにライフジャケットも着けていったほうがいいですね。
日本から持っていかなくても、WalmartやKマートで安く売っています。

まぁ部屋の古さは否めないですが、立地やサービスはいいし、まずまずでした。
タワーの新館に泊まる予算があれば最高ですが。


ハワイ旅行 ブログトップ
メッセージを送る