So-net無料ブログ作成

珍しく映画ネタ 「柘榴坂の仇討」 [映画]

gotokuji.jpg

本日、お仕事で豪徳寺に行って参りました。
中井貴一さん、阿部寛さん主演の「柘榴坂の仇討」という映画がございまして、その関係でイベントでした。


五郎治殿御始末 (新潮文庫)

五郎治殿御始末 (新潮文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/04/25
  • メディア: 文庫



浅田次郎先生の「五郎治殿御始末」という短編集の中のひとつが原作です。
「五郎治殿御始末」は、「御一新」から数年経った明治のはじめが舞台。武士という職業はとっくになくなり、多くの侍が職業を変えて、必死に生きようとしていた激動の世に生きた「元」侍たちを描く6つのお話からなります。
どれもいいお話なんですが、ま、「柘榴坂の仇討」はその中の1つで、桜田門外の変で主君・井伊直弼(中村吉右衛門さん)を殺された彦根藩士(中井貴一さん)が仇討を命じられ、13年かけて刺客(阿部寛さん)を探しだしたその日、仇討禁止令が出される・・・・というお話です。

昨日、テレビの「行列のできる法律相談所」でもやっていました。

ま、それが今週20日に公開されます。



初日は舞台挨拶があるのですが、なんと20日はSMTデイなる日で、1100円で観られます。
舞台挨拶付きで1100円はお得です。

ご興味ある方は、ご覧ください

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

デモリッションマン [映画]

週末に、CS放送でデモリッションマンを久し振りにみました。
シルベスタースタローンとサンドラブロックが主演の93年の映画ですね。意外と好きなんですよ。
下品なセリフをいうと違反切符を切られる、クリーンな未来世界での話なんですけど。
20世紀にあこがれるサンドラブロックが「Let's blow him away!」を「Let's blow him !」と言っちゃったり、「kick ass」を「lick ass」と言っちゃったりするんですね。
で、この映画の中で、設定は2032年だったかな(2010年にロスは大地震で地下に沈むことになってました)、外食産業は「タコベル」だけが生き残り、すべて「タコベル」になっているんですが(タイアップのようです)、上映当時やVHSでは「タコベル」は全て「ピザハット」にアフレコ修正されてしまっていたんです。
どうも、日本語とドイツ語版がそうだったようですね。マークも一部残っているところもありましたが、結構修正されてしまっていました。
(理由としては、日本ではタコベルは展開していなく、意味がわからない可能性があったから、とか。80年代に名古屋地区だけタコベルあったみたいですけど)

で、先週みたデモリッションマンですが、すべてオリジナルの「タコベル」に直っていました。
セリフも、字幕も。
何ででしょうねー

ってほぼ、閑話休題ネタでした。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。