So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

BOSEのBluetoothイヤホン SOUND SPORT FREEを買ってみました [モノ]

DSC09512.JPGDSC09507.JPG

BOSEの完全分離型のBluetoothイヤホンを購入しました。
以前買ったSOUND SPORTは紐でつながっていました。

これは、プラス1万円ほどの定価ですが、SOUND SPORTでオプションだった充電ケースが標準装備です。充電ケースが7,000円くらいだったか?なので実質は3,000円ほど値上げイメージです。

DSC09508.JPG

形は基本的にSOUND SPORTと同じ。

DSC09512.JPG
DSC09514.JPG

付属の充電ケースは

DSC09516.JPG

こんなサイズ感。
ポケットに入れて持ち歩けます。

これを充電しておけば、3~4回分充電できるらしいです。

便利なのは、ケースから出すと自動的にiPhoneを接続します。
左右も自動でリンク。

基本的にはSOUND SPORTと同じシステムらいしですが、音に少し広がりがあるように聞こえます。

でも、音が少し小さい。。。
ちなみに右耳だけの使用もできて、ハンズフリー通話ができるそうです。

左右が紐でつながっているときは、首に掛けておいたりできたのですが、これはポケットに入れないとダメです。無くしそうです。
でも、使うのは便利です。

高いですが、音もいいし、BOSEはサポートがとても良いのでオススメです。

Amazonでよく10%オフやっています。


nice!(3)  コメント(0) 

ゴールデングースの毛むくじゃら買ってみました [モノ]

DSC09519.JPG

また、遅れたネタです。。。
1月に海外でセールになっていたゴールデングースを買いました。
これ、モンスターズインクのサリバンのようなスニーカー。

ゴールデングース、だいたい日本では4万~5万円台のレギュラーモデルと、少し上の6万台しか掲載がないです(レディースは10万以上のがあるのに)。
これも、日本の公式サイトには掲載なかったのですが、USの公式サイトには、さらに上の8万円クラスのシューズにラインナップされていました。

DSC09520.JPG

これ、ハラコではなくポニーヘアーと書いてありました。
これにGG定番のダメージ加工も施されています。

そして、樹脂に付けたような加工が特徴のDIPシリーズでもあります。

DSC09521.JPG
DSC09522.JPG

ベロのところにタグは透明な特別使用のDIP

DSC09523.JPG

この垂れ下がってる樹脂はすぐ取れちゃうんじゃないかと思ったのですが、結構ちぎれずに残っています。
履くと、この樹脂がソールと地面の間に入るので、なんか軟らかいものを踏んづけたような(いや、踏んづけていますね、実際)ふにゃっとした感触でとても変な感じです。

ま、もう暖かくなったので、履いてないですが、、、



nice!(2)  コメント(0) 

転送ユーロがイタリア発送になったので使ってみたら。。。失敗 [モノ]

店頭ネタ連投です。

イギリスの転送で利用させていただいていた転送ユーロが今年からイタリア倉庫になりました。
なので、イギリスで購入したものを発送するのには使えない(欧州内送料が高くなる)ことに。
逆に、イタリアでの購入は使えます。

いつもお願いしているこちらのイタリア転送サービスさん

と、見積ツールで比較したら、転送ユーロのほうが安かったというのもあり、お試しでお願いしてみました。

すると、商品が転送ユーロに到着したら、請求金額と、商品の検品写真が勝手に送られてきました。見積ツールよりも1000円高い。。。
そして、検品サービスはオーダーしていません。
問い合わせると、イタリア発送になってから、1点150円の簡易検品サービスが自動付帯になったとのこと。
見積コーナーにも、料金表にも記載がありません。
が、お知らせコーナーの中にイタリア出荷になった旨と簡易検品サービスが強制付帯になったことが記載されていました。
こんなの気づかないし、、そもそも料金案内と見積に反映されないってどうなんでしょう。

送料も見積りより高いので、確認したら見積ツールがちょっと安く出る、と。。。
見積りの意味ない!詐欺まがいです。高くでて、実際安いならまだしも、、、

さらに簡易検品サービスで届いた写真をみて、光の加減で傷モノにみえたので「これ傷ですか?」と問合せしたのですが、「倉庫に確認します」と連絡きたきり4日連絡無し。
これでお金払っている意味はどこにあるの?

さらに、郵便小包よりヤマトが早いから(HPでもヤマトで届けるのが早い、と謳っていいます)とお願いしたのですが、、、
木曜に商品が先方に届いたのに検品、見積りがあり、カードも使えないので銀行振込で平日のみなので、月曜に入金。
すると「次の出荷が木曜になります」って、週に2日しか出荷がないようです。(この時は、月、木だった模様)
いや、それなら配達早くねーし!

価格も高いし、発送も遅い、最悪のサービスになってしまいました。

これなら転送ユーロさんではなく、いつもの転送サービスさんにお願いするべきでした。
こちらなら転送ユーロさんで発送された日くらいに手元に届いていました。

というわけで、転送ユーロさんは残念な結果に終わりました。。。
nice!(2)  コメント(0) 

イタリアからの転送で税関に引っかかるの巻 [モノ]

IMG_2577.jpg

ブランドプロテクションの関係で、日本に直接送ってくれないものがあります。
いつも買うヴィヴィアンウエストウッドもそう。
イギリスからもイタリカからもほとんど転送してくれません。

と、いうわけで転送会社を利用するのですが、今回YOOXの買い物を、以前もお願いした
こちらのイタリア転送サービス
にお願いしました。
とても対応が良いです。
以前も、海外のイベントに持っていくスーツをギリギリでお願いした時にも急ぎ対応していただき無事間に合いました。

ヤマトさんとは契約しておらず、イタリアの郵便局から小包での発送になります。(ヤマトも可能のようですが、高いです。そして、週に2回しか便が無いのでヤマト遅いです)

オプションで、検品やトラブル対応などもやってくれます。買い付けサービスもあります。
商品を購入して、インボイスはこちらで作成し、お願いするので、商品価格をちょっと安くして関税を、、、と悪い考えは禁物。
最近、バイマの影響で、ヨーロッパからの郵便小包の税関検査が厳しくなっています。
バイマで関税込などで販売して商品価格を安くして発送していることが増えているのではないかと推測します。

今回、イタリアからヴィヴィアンのバッグを転送しましたが、税関から下のようなお呼び出しが、、、

「商品購入価格がわかるものを提出してください」

IMG_2575.jpg

つまり、インボイスの中身が正しいことを証明せよ、と。
税関に電話して聞いてみると、購入画面や購入確認のプリントアウトが必要とのこと。

ただし、注文画面には転送屋さんの名前と住所になっています。
これだけだと、購入したのが自分本人である証明にならないのでNG。

これはバイマの影響です。
バイマで証明するとなると、イタリア内でバイヤーが購入した明細を出すことを思いつくと思うのですが、税関としては、「受取人が購入した価格」が購入価格になるわけです。
「受取人が支払った証明となる書類」が必要になります。
バイマなら、バイヤーが購入した価格ではなく、受取人がバイマでバイヤーに支払った金額が購入価格になるわけです。

なので、YOOXの購入履歴にプリントアウトを出したところ、「バイマですよね?」「すのっびーさんが払った金額が証明できるものを出してください」と言われました。
発注者、支払い金額、送り先がそろった書類が必要 になるわけです。
メールに添付されていたYOOXのインボイスに全て記載があるので、それを持って、東京税関に引き取りに行ってきました。
そこで、やっと「商品購入価格×60%」への課税で、お支払して引取完了。

インボイス金額を15000円とかにすると非課税になるので、安くしがちです。
「郵便はほとんど課税されないでスルー」という噂がありますが、検査が強化されているのでご注意ください。
ちなみに、イタリア出国の際の検査も強化されているそうで、不当に安い金額だと止められてしまうようです。

お気をつけください。
nice!(2)  コメント(0) 

突然高笑いすると噂のAmazon Echoを買ってみました [モノ]

DSC09525.JPG


年末に、なんとなく招待申請をしたスマートスピーカーのアレクサの購入招待が届きました。
そんなに必要でもなかったのですが、話題なので、とりあえずポチリ。

DSC09526.JPG

早速使ってみました。
というか、もう2ヶ月ほど使用していますw

サイズは、iPhone SEと比較するとこんな感じです。

DSC09528.JPG

カバーを外すと

DSC09529.JPG


音質は、まー悪くもなく、良くもなく。
8000円を切る価格なので、不満はないレベルです。

DSC09530.JPG

下のほうにスピーカーが入っています。

そして、実用度というと、、カフェ的に音楽をダラダラ流すのには良いと思います。
Amazonミュージックで特定の曲を掛けるにはよいです。
でも、ジャンルミュージックをダラダラ流したいなーというのが、何ともよくわからない。。。
Amazonミュージックにないアーティストだと、とんちんかなアーティスト名を返されたりします。
これ聞きたい!とかあると、ちょっとイラっとします。

便利なのは、天気。
「アレクサ、今日の天気は?」ときくと的確に答えてくれます。
1ヶ月程度使用して、もはやお天気おじさん的な利用しかしていません。。。笑

ちなみに、呼びかけには「アレクサ」のほか「エコー」とか指定できますが、「エコー」にすると、テレビや日常会話から「エコー」を嗅ぎつけ誤作動しまくります。

うちはスマートホーム化していないので、スマートスピーカーを使いこなるには至らず、おもちゃ的な使用に終わりました。。。


nice!(4)  コメント(0) 

アロマディフューザー買ってみた [モノ]

DSC09477.JPG



Amazonでアロマディフューザーを買ってみました。
アロマオイルが余っていたので、、、

DSC09469.JPG

箱をあけると空き瓶が3本入っています。
これは、使用できる便の経が決まっているから。

DSC09473.JPG

本体からコイツを引っこ抜いて、アロマオイルを取り付けます。
径が合う便ならそのまま使用できますが、わないと詰替えが必要です。

DSC09475.JPG

普通のアロマオイルはこうなっているので、口と中のノズルを引っこ抜きます。

DSC09476.JPG

非常にアナログに移し替え。。。
後は本体にぶっ刺すだけ。以上です。

DSC09470.JPG
本体の大きさは、こんな感じ。

DSC09479.JPG

ON INTは何秒間噴出させるか
TIMERSはタイマー
OFF INTは何秒間おやすみするか、です。

ON INTを30、OFF INTを30、TIMERを60にすると、30秒ごとに30秒噴出を60分間繰り返すということです。

このくらいで結構、部屋中香ります。
水溶性オイルの場合、最初はいいのですが、数日で香りが飛んで使い物にならなくなります。
あと、香りも薄いです。

ちなみに、煙は結構目に見えます。

nice!(4)  コメント(0) 

ネスプレッソのカプセル保管に [モノ]

DSC09483.JPG

普段、コーヒーを飲むのにネスプレッソを使用しています。
コストコで買った豆から挽くコーヒーメーカーもあるのですが、なんかめんどくさくて、、、
Amazonで安くなっていたUを購入。3台目のネスプレッソです。

ずっとタワー型のカプセルホルダーを使用していたのですが、意外と場所を喰うので、引き出し型をAmazonで買ってみました。

色々なカプセルホルダーを出しているCaps Racks
DSC09481.JPG

DSC09482.JPG

まぁシンプルです。
が、スチールでそこそこしっかりしています。

DSC09484.JPG

Uは水のケースを横に配置して使っていますが、その手前のスペースにエアロチーノも置けて、すっきり収まりました。
下の引き出しにはカプレスが40個収まります。
縦型の時は、ちょっとひっかかったり、無理に出すと残ったやつもダーーーーっと出てきたりしたのですが、引き出し型にしてそんなこともなくなり、とても便利です。
省スペースにもなりました。



nice!(5)  コメント(0) 

10年ぶりくらいにモンクレールを買いました。 [モノ]

DSC09460.JPG

なんと10年ぶりくらいにモンクレールを買いました。
というか、実は、昨年の3月に購入して、今シーズンから投入しました。
モンクレールガムブルー です。
トムブラウンがデザインを担当したガムブルーライン。
実は、ジャンバティスタ・ヴァリが担当したガムルージュとともに今季2018SSで最終になります。

moncler_14aw_68.jpg

こちらは実はちょっと前のモデル。
ゴルフからインスピレーションを受けてデザインされた、アーガイル柄が特徴のシーズン。

DSC09462.JPG

モンクレールのロゴもちょっと違います。

ラファエロネットワークで特価になったいたのでポチリ。
107000円でした。
国内定価25万くらいのものです。超お得。しかも「ゴルフからインスピレーションを受けて」がいいです。

1484748454-587f76a616229.jpg
1484748443-587f769b67df4.jpg

モンクレールといえば、偽物。ですが、ラファエロネットワークは正規品保証しています。
一応、CODE.MONCLERのWebサイトでホログラムシールの番号をチェックしたところ、ちゃんと登録できました。

monc1.jpg

monc2.jpg

GIUBBOTTO はこのフードがついた定番の型で、中の製品タグにも記載されています。


ただ、さすが海外。

DSC09461.JPG

よく見ると、織り傷が。。。
でも、よく見ないとわからないし、アーガイル模様なので、特に目立ちません。
が、しかし、ラファエロネットワークに交渉しました。
とりあえず、返品OKとのこと。交換を希望したところ、最後の1点なので、、、
よければ150ユーロディスカウントするから、どうか?と提案してきました。
ここで、200ユーロで!と値切ると本部に確認してOK。
ラッキーです。

海外通販は、結構傷ものなどありますが、値段交渉をすると、意外と受け入れてくれます。
つい先日もイタリアから購入して転送したものに傷が、、、写真を送って交渉したら20%OFFにしてくれました。
返品するのは関税の変換手続きなど本当に面倒くさいので、我慢できる範囲なら値下げ交渉してみてください。
nice!(3)  コメント(0) 

今更ですが、Kindle買ってみました [モノ]

DSC09409.JPG

今更ですが、AmazonのKindleを買ってみました。PaperWhiteモデルです。
タイムセールで安くなっていたので、ついつい、、、


DSC09410.JPG

セット内容は至ってシンプル。

DSC09412.JPG

安いので広告有りを買いました。

DSC09415.JPG

この起動画面で、下の方に出ている「スワイプ云々」の文字をタッチすれば起動します。
(実は別にスワイプは必要ないです)

さて、使ってみた感想は、というと、動作がもっさりしています。
iPhoneとiPadを使い慣れていると、正直イライラします。
あと、読み終わってからメイン画面に戻るのもすごくわかりづらい。
オススメの本と最終ページを行ったり来たりになります。

それから、読んでいる途中にページをめくろうと見出しにタッチすると、勝手に目次に飛んでしまいます。元のページに戻るのが大変。。。(なんかいい方法があるのかもですが)

どこを読んでいて、あとどのくらいで読み終わるおかもなんだか漠然としています。

それから、新しい本はKindleにない!
結局、これ買ってから、5冊はAmazonで本を購入しています。。。
東野圭吾とか売れてる作家のものはすぐKindleも出るんですが、、、

利点は、出張などに何冊も重い本を持っていかなくていい、くらいところでも読める、くらいでしょうか。

とにかく本を読めればいいという人は、プライム会員が無料で読める本もあるのでいいかもしれません。



nice!(3)  コメント(0) 

イギリスの転送会社 Forword2meを使ってヴィヴィアンのコートを買ってみました [モノ]

DSC09441.JPG

アングロマニアのダッフルコート。
こちらは2013年にリリースされたラブズコレクションのリバイバル。
前回は紺とベージュでしたが、今回はグレーとクリーム。

DSC09443.JPG

背中も派手です。

DSC09444.JPG

定番のレンブラントの自画像も入っています。

こちらはグローバーオールとのコラボレーション。
ベースになっているのはMONTYです。

DSC09445.JPG

風が強い時のレッグストラップも。

ちなみにMONTYなので、あちらのSが日本のLサイズ。

国内価格18万円。。。。本国でもリテール価格は800ポンド。約12.5万円です。
が、セールでこれが半額に!
400ポンドなので、62000円ちょっと。
ただ、普段利用のところは購入代行のみ、しかも高いレートで商品代まで現金振込しないといけないという欠点が。。。
転送ユーロさんは、倉庫がロンドンからイタリアに引っ越してしまったので、イギリスからイタリアへの送料がかかるようになってしまい高くなりました。
ということで、調べてみると「Buyandship」というところが安い。

とりあえず、会員登録をして、セールが終わる前にヴィヴィアンで800ポンドほど購入手続きをしました。

新しい会社でちょっと不安だったので、ネットで検索すると、ほとんどヒットしません。
ツイッターで「連絡が来ないまま1ヶ月たったら、突然配達された」というのが1件。
まずは問い合わせをしてみよう、ということでメールで問い合わせするも返信無し。
フェイスブックからのメッセージも無視。
青山一丁目にオフィスがあるのですが、これではサポートはゼロ。
しまった、、、と思っていたところヴィヴィアンから
「お客様のクレジットカードのビリングアドレスが配送先と異なるのでセキュリティチェックが入ります」とのこと。
クレジットカードに少額の返金をするので、その金額がカード会社に計上されたらメールで報告して欲しい、5日連絡がなければキャンセルにする。となんとも面倒な連絡が。
(この連絡があった時点でセール率がUPしましたが、コートは販売終了。ヴィヴィアンは販売停止した商品も価格を下げて掲載するというなんとも大着なシステムです)

これ幸い、と、別の転送会社を指定しようとしましたが、日本語のサービスのところは見つからず、「Forward2me」という英国経営の転送会社を発見。
早速登録してみました。

f2m00.jpg

登録すると即、英国住所が発行されます。


そして、3日ほど待つと、ヴィヴィアンウエストウッドからカードに7円ほどの返金が。。。
これをメールで伝えると同時に配送先も変更。

翌日には発送され、2日後にはF2meのほうに荷物が到着しました。
荷物が到着するとF2meからメールが届きます。

f2m01.jpg

こんな感じ。

マイページから転送した荷物をチェック

f2m1.jpg

サイズと重量から数パターンの配送方法が提示されます。
今回はサイズがデカイため重量よりもサイズが優先されて高くなりました。。。
これは配送会社の仕組みなので仕方ありません。

f2m2.jpg

6パターンくらい提示されましたが、一番上のUPSが最安だったので、こちらを選択。
(転送手数料込みの価格が提示されます)

f2m3.jpg

20ポンドで保険をつけるか確認がありますが、今回はスルー。

f2m4.jpg

ペイパルかクレジットカードで支払いします。

支払いしたら、翌日には発送されます。
UPSなので、4日ほどで配達されました。

800ポンドほど購入したので480ポンドに対して9.1%の関税と6.3%の消費税で12800円ほど支払いました。
送料とあわせて25000円。
まぁ、12万5千円ほど買い物しているので、関税は仕方ないです。

サイズが小さければ転送代はもっと安く済みます。
カード支払いなので、転送会社のような高いレートでないですし、カードのポイントも付きます。
スピーディーでなかなかオススメです。

こちらに簡単な解説があるので利用したいかたは見てみて下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。